Brown Westhead Moore 蜻蛉の飾り皿

コールドンの前身であるイギリスのBrown Westhead Moore&coが1890〜1904年頃に製作した蜻蛉の飾り皿です。
日本ではブラウン・ウェストヘッド・ムーアの知名度はあまり高くありませんが、ヨーロッパにおいては良質な磁器を多数世に送り出したメーカーとしてとても人気があります。
こちらの飾り皿は絵付け、品質ともにすばらしく、芸術的価値の高いものと自信を持ってお勧めできる一枚です。
開店半年を記念いたしましてパストラーレの秘蔵っ子を出品いたしました。
なめらかなコーラルピンクを背景に水色のリボンで留められた愛らしい薔薇のガーランド、一匹ごとに異なる色のグラデーションが美しい羽の蜻蛉が全てハンドペイントで描かれています。
ヨーロッパでは不吉なイメージの強い蜻蛉ですが、日本においては、前にしか進まない蜻蛉は決して下がる事のない「勝ち虫」として、武士たちを中心に人気の高いモチーフであり、武具等の装飾に多く用いられました。
これらの意匠はジャポニスムの流行と共にヨーロッパにもたらされ、ガレ等に見られるようにアールヌーヴォーの作品にも少なからぬ影響を与えました。
金彩装飾も見ごたえのあるもので、ふちの金彩はエンボスに合わせた中抜きのアカンサス模様が、内側の金彩は金彩自体を盛って立体的に表現した細めのアカンサスと花の模様が描かれています。
金彩の一部にわずかに擦れがあるものの、その他にはヒビ、欠け、貫入は無くエクセレントコンディションです。


生産地  イギリス
メーカー Brown Westhead Moore & Co
年代   1890〜1904年
サイズ  22.5
状態   エクセレントコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 C0083
販売価格 270,000円(税込)
在庫数 1枚
購入数

※ログインするとポイントが付きます!!