里帰り エッグシェル 牡丹と桜 made In Japan ティートリオ 笑閑製造 明治期

明治期に欧米への輸出向けに日本で製作されたカップ&ソーサーです。
エッグシェルと呼ばれる繊細で薄い生地は当時とても高く評価されていました。
明治期の輸出向けの磁器は、明治の中期〜後期になると大量生産になり絵付けや細部が大味なものが主流になってくるのですが、初期のものは江戸時代からの職人の手仕事が光る逸品が多く見られます。

絵付けはすべてハンドペイントで、中央にはグラデーションの美しい牡丹の花、その周りには金を背景に青一色で二重の桜の花が無数にちりばめられています。

カップ高台の裏にまで手を抜くことなく丁寧に絵付けがされています。

ソーサーの裏に漢字でメーカーの刻印があります。
右から笑閑製造と書かれています。

個体差はありますが、金彩にかすれ、また経年による細かなキズは見られます。
いずれもひびやかけ、貫入のないベリーグッドコンディションです。

この時期の里帰りのカップでトリオとして揃っているのは珍しいのではないでしょうか。


生産地 日本
メーカー 笑閑製造
年代  明治初期
サイズ  カップ(口径9.5僉々發4.7僉
    ソーサー(14僉
    プレート(18.2僉
状態  ベリーグッドコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 C0119
販売価格 35,640円(税込)
在庫数 2客
購入数

※ログインするとポイントが付きます!!