OLDマーク  スポード  カミラCamilla ブルー&ホワイト シュガー 砂糖入れ

スポードカミラOLDマークのシュガーです。
Camillaは紅茶の取れる樹、カメリアシネンシス、即ち茶ノ木の事です。1883年より作られているカミラは、美しい花とアラベスク模様が、スカラップの生地に描かれ、非の打ち所のない調和のとれた図柄で、豪華でありながらしっとりと落ち着いた雰囲気が特徴です。スポードのブルー&ホワイトの中でも、特にエレガントなパターンで格調の高さとぬくもりを感じさせてくれます。
地は厚手ですので使い勝手の良さもあります。
本体両サイドにハンドルが付き、ふたには茶の花を模した取っ手が付けられています。
キャンディー等を入れてもよろしいですよ。

英国4大名窯の1つSpodeスポードは、陶磁器の歴史に残る偉業を達成したメーカーです。1770年(ベートーベンの生まれた年)、陶芸家ジョサイヤ・スポードにより創業、1784年にそれ以前にあった銅板転写方法を改良し、18世紀末、材料の組成や焼成技術改良を重ね、当時粗悪だったボーンチャイナを食器として使える品質にしました。さらに陶器と磁器の両方の長所を持つストーンウェアの開発にも成功。1806年、ジョージ4世より、英国王室御用達として、ロイヤル・ウォラントの称号を授かりました。


バックスタンプ Spode'S "Camilla" Copeland. ENGLAND  オールドマークで、20世紀初期のものと思われます。
コンディション ふたにわずかに貫入が見られます。
これは製造時に出来る釉薬のひびで、当時の技術で防ぎようが無く、初めは目に見えなくても、使用や経年によって目立ってくるものです。
ひび、欠けなどはなくアンティークとしてベリーグッドコンディションとして判断しています。
本体には貫入、ひび、かけ等はなく、とても綺麗な状態です。


生産地  イギリス
メーカー Spode スポード
年代   20世紀初期
パターン カミラ
サイズ  ハンドル含む幅(約16僉法,佞心泙犢發機別11僉
状態   ベリーグッドコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 C0287
SOLD OUT