フランス パリの工房 「MAS」 コーヒーカップ&ソーサー  1800年代初頭

1800年代初頭にフランス、パリで製作された「M A S」のイニシャルの入ったカップ&ソーサーです。裏側にメーカーのマークはなく(パリの磁器は、めったにマークされませんでした)100以上あったパリのメーカーの内の1つによって、作られたものと見られます。

カップの内側の、まるでカップ自体が、黄金で出来ているかのような豪華な金彩と、カップ正面とソーサー中央に同じく金彩で記された「M A S」の文字が目を引く、特徴あるカップ&ソーサーです。
光沢のある金彩がキラキラと輝いて大変美しいです。

取っ手はY字に分かれていて、植物のように優美な曲線を持っています。
ふちはダブルのゴールドトリムでソーサーの高台受けの円や、その他の模様等にも金の二重線が用いられています。

絵付けはハンドペイントによるもので金彩の唐草模様と薔薇色、そして細い青のラインの装飾の窓に薔薇の花が描かれています。
極細の青とその周りの金彩の線は正確に引かれており、職人の技術の高さが偲ばれます。

金彩には、擦れ、剥がれが見られますが、ひび、欠け、貫入の無いベリーグッドコンディションです。

200年以上の時を経た貴重なアンティークのカップ&ソーサーです。
きっとコーヒーの時間を格調高いものにしてくれることでしょう。


生産地  フランス 
メーカー  パリ窯
年代   1800年代初頭
サイズ  カップ 直径7.8 高サ6僉)水容量150ml
     ソーサー直径13.7
状態   ベリーグッドコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 C0129
通常価格 20,000円(税込22,000円)
セール価格 17,000円(税込18,700円)
15%Off!!
在庫数 8客
購入数

※ログインするとポイントが付きます!!