ジョージアン シードパール葉っぱのブローチ

こちらは19世紀初頭、今から約200年前、ジョージアン時代に作られたシードパールのブローチです。
マザーオブパールで葉っぱをかたどった上に、600を超える大小のパールを繋いでとても美しいブローチに仕上げました。
計算された、ゆるやかなS字の葉っぱにパールがまるで花のようにあしらわれている様は、とても優美で気品があります。
養殖真珠がなかった時代の天然パールで、小さな穴をあけ、一つ一つマザーオブパールの台に馬の尾の毛で、繋ぎとめてこのようなデザインを作り上げました。
その作業は緻密で、当時の職人の苦労と技術の高さを偲ばせます。
パールの色は落ち着いたクリーム色で艶やかです。傷のあるものもあります。
後ろの14金のピンのパーツは、表からは見えないようにデザインされ、綺麗で良好です。
もとは花嫁さんの着けるジュエリーで1830年頃に作られてから、家宝として代々受け継がれてきました。
1950年代に、土台の一部の壊れた部分と、全体をナイロンの糸に取り替える大がかりな修復が行われました。
丁寧で良い修復です。
現在アメリカに住む老婦人が、結婚式の際に身に着けたものだそうです。
流線型の爽やかなブローチは、大きくて、ボリュームがあり、コートやスーツの襟に付けたらぐっとシックな装いになるでしょう。
オリジナルの水色のベルベットの箱に収まっています。



19世紀初頭
天然シードパール 6弌腺鵜
マザーオブパール
14金 刻印なし テスト済み
8.4
12g
ベリーグッドコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 J0008
通常価格 162,000円(税込)
セール価格 108,000円(税込)
33.33%Off!!
在庫数 1個
購入数

※ログインするとポイントが付きます!!


ヤフオク出品中

 ⇒出品リストはこちら