テオドール・アビランド リモージュ 薔薇のデミタス 1904〜1920年頃

フランス リモージュのテオドール・アビランドが、銀器で名高いイギリスのMappin&Webbマッピン&ウェッブのために1904〜1920年頃に製作した薔薇のデミタスです。
ふちに描かれた薔薇は全てハンドペイントで、トゲやフシのあるつる、葉のすじ、重なる花びらまで丁寧に表現されており、緑色の網目が、まるで薔薇の木をカップとソーサーのふちに這わせたかのようです。
写真では解りづらいですが、ソーサーは内側から2本目の金彩より外側、薔薇の背景に当たる部分が、ごく淡いベージュに塗られています。
金彩も良く残っており、ひび、欠け、貫入のないエクセレントコンディションです。

生産地  フランス リモージュ
メーカー Teodore Haviland テオドール・アビランド
年代   1904〜1920年頃
サイズ  カップ (口径6.2僉々發7僉
     ソーサー(12.8僉
状態   エクセレントコンディション


Note: 表記についての補足説明
型番 C0046
販売価格 12,000円(税込13,200円)
在庫数 3客
購入数

※ログインするとポイントが付きます!!


キャッシュレスで5%相当額還元